第11話 足利義秋との出会い

ガラシャ

9話で越前に10年住んだといっていましたが、その後はまたどこかに移動したんですか?


憲三郎先生

光秀は近江へ派遣されることになります。


ガラシャ

派遣?何があったのでしょう?


憲三郎先生

光秀が越前で黒坂備中守に仕えて9年後の1565年(永禄8年)に時の将軍足利義輝が三好勢に負けて殺されます。


ガラシャ

将軍が殺される!?一大事です。三好勢?家でも氏でもありません。なんでそんなことになったんですか?


憲三郎先生

事の経緯は長くなるのでまた今度にしましょう。三好の人々と思っていたら大丈夫です。光秀の人生がまた動くのはこの後です。


ガラシャ

気になりますが、光秀の活躍教えてください!!


憲三郎先生

足利義輝が殺されると次の将軍を選ばなくてはなりません。三好勢は都合よく動かせる足利氏の足利義栄を四国から連れだして将軍にしようとしていました。他の足利氏が将軍職につこうとするのはのは困ります。しかし足利義輝には奈良で僧をしている覚慶という弟がいました。


ガラシャ

お坊さんでも将軍になれるんですか?


憲三郎先生

還俗といって俗世に戻ってくれば将軍になれます。


ガラシャ

と、いうことは足利義輝を討った三好勢が次に狙うのは覚慶ですね。


憲三郎先生

その通り。覚慶も危機を感じて奈良にある一乗院から近江の和田惟政の元まで逃げて還俗し、矢島御所にて足利義秋となります。


ガラシャ

奈良から近江、、結構距離がある気がしますが一人で逃げたんですか?


憲三郎先生

その辺の経緯が少し複雑で史料には「覚慶(後の義昭)、朝倉義景の調略により奈良一乗院を脱出し甲賀和田惟政の元に逃れる」とあります。
奈良を脱出するときに細川藤孝が一緒だったという史料もあります。


ガラシャ

ん?えーっと?


憲三郎先生

朝倉義景がなにか仕掛けをして、幕府奉公衆の細川藤孝の軍が次期将軍候補の覚慶を迎えに来て一緒に逃げた。という解釈が今のところは妥当でしょうね。研究が進めばなにかわかるかもしれません。


ガラシャ

足利義輝に仕えていた幕府奉公衆が主君が討たれたので後継者を迎えに来たということですね。このあと足利義秋はどうしたら将軍になれるんですか?


憲三郎先生

将軍になるには天皇から征夷大将軍という役職に任命されると将軍になれます。しかしそのためには周りを納得させるために天皇のいる京都を守護する必要があります。


ガラシャ

京都を守護する?今は誰が守護してるんですか?


憲三郎先生

三好勢ですね。


ガラシャ

え?すでに!?では足利義栄はもう将軍になってしまったんですか?


憲三郎先生

しかし、実は現将軍の足利義栄も上洛できずにいました。


ガラシャ

どうしてですか?


憲三郎先生

このとき三好勢は内部分裂中でスムーズに上洛とはいかなかったようです。


ガラシャ

なるほど、三好勢の中でも方針が固まっていなかったんですね。
でもすでに足利義栄(三好勢)VS足利義秋(細川)の戦いが始まっていると。足利義秋の作戦を教えてください。


憲三郎先生

義秋は各武将に向けて文を出します。内容としては近江に身を寄せているので京都に連れていってほしいというものでした。


ガラシャ

三好勢から守ってくれる人をさがして全国の各武将に救援要請を出したんですね。誰か助けてくれたのでしょうか?


憲三郎先生

越前の朝倉氏が助けてくれました。


ガラシャ

朝倉氏は奈良から逃げ出すときに調略?してくれた人ですね?こんどはどう助けてくれたんでしょう?


憲三郎先生

越前でひとまず匿ってくれるとのことでした。ただ、義秋はなんとかして越前まで行かねばなりません。


ガラシャ

なるほど、迎えにはいけませんよ。ということですね。それを飲むということは足利義秋も厳しい状況だったのが察せますね・・・


憲三郎先生

しかし朝倉氏も全く何もしなかったわけではありません。


ガラシャ

朝倉氏はどんな行動をとったんですか?


憲三郎先生

黒坂備中守に付けていた光秀を足利義秋に送り込みます。


ガラシャ

ご先祖様ここで登場!使者とか案内人とかそうゆう役回りでしょうか。でもなんで光秀だったんですか?


憲三郎先生

なぜか。という理由を明確に記した史料はありません。しかし直属の家臣ではない光秀を行かせたということは何かしら理由はあったでしょう。


ガラシャ

光秀は足利義秋と関係がある人だったのでしょうか?


憲三郎先生

直接の接点というより縁があると言う方が正しいかもしれません。


ガラシャ

どんな縁ですか?


憲三郎先生

光秀の曾祖父の玄宣が幕府の奉公衆だったのは2話でお勉強しましたが覚えてますか?


ガラシャ

覚えてます!光秀のひいおじいさんとおじいさんの兄弟が幕府の奉公衆だったんですよね!


憲三郎先生

その時仕えていた将軍は誰だったか覚えていますか?


ガラシャ

えっと、たしか足利義澄派と足利義材派で戦ってて・・・足利義澄だったと思います!


憲三郎先生

そうですね。実は足利義秋は足利義澄の孫です。そして細川家も代々幕府奉公衆でした。


ガラシャ

細川家と明智家は幕府奉公衆の中ではどんな関係だったのでしょうか?同僚ですか?上司部下ですか?


憲三郎先生

簡単に言うと部署が違ったので直属の部下ということではありませんが部署としての上下関係があったので大枠でいえば細川家が上司、明智家は部下になりますね。詳しくはまたの機会に。


ガラシャ

なるほど、確かに全く関係のない人を送り込むよりは配慮がある気がしますね。


憲三郎先生

と、いうわけで


ガラシャ

光秀、近江へ出発です!

”足利義輝が殺害されて将軍職争奪戦が起きたので
朝倉義景の命で足利義秋を迎えに行くことになりました。”

 
明智ガラシャ

About 明智ガラシャ