第50話 光秀側近への道、そして松永久秀謀反

ガラシャ

元亀3年3月・・・。光秀は坂本城作成中のはずですがこの後の展開を教えてください!


憲三郎先生

3月5日~11日の出陣に光秀の名前が登場します。


ガラシャ

出陣ですね!今回はどんな戦いですか?


憲三郎先生

3月5日、織田信長は北近江へ出陣し、翌日3月6日に横山城到着します。そして3月7日に余呉・木本一帯を焼き払います。


ガラシャ

余呉・木本というのはどんな場所なんですか?


憲三郎先生

どちらもいまの滋賀県長浜市です。小谷城城下にあたるので浅井長政への兵糧攻めの一環と思われます。


ガラシャ

浅井長政は抵抗したり攻めてきたりしないのですか?


憲三郎先生

史料には「浅井方の武将から一戦交えようという声も上がっているようだと聞こえてきたが、足軽部隊の応戦さえ無かった」とあります。


ガラシャ

これも作戦なのでしょうか、ちょっと拍子抜けですね。織田軍は撤収ですか?


憲三郎先生

そうです。3月9日に織田軍は横山城に撤収、翌3月10日に常楽寺へ陣宿しました。


ガラシャ

常楽寺は前にも泊まったことがありまか?



ガラシャ

そうでした。



ガラシャ

田中城って、光秀が最初の上洛の時に籠城して饗庭氏と戦った、田中氏の居城ですよね?田中氏に何があったんですか?


憲三郎先生

詳しいことは史料ではわかりません。ただ、幕府方だった田中氏が、どこかの段階で敵になってしまったかもしくは田中城が敵に占拠されていたと考えるのが自然な気がします。


ガラシャ

田中氏・・・。


憲三郎先生

ある史料には「砦を築かせて明智光秀・中川重政・丹羽長秀の三人を配備した」とあります。


ガラシャ

織田軍の管轄になったのですね・・・ある史料ってなんだか意味深ですね?



ガラシャ

あれ?光秀がいます。田中の砦にいるはずではなかったんですか?


憲三郎先生

そうですね、少しおかしく感じますがどちらも一級史料に書かれていることなのです。


ガラシャ

え?どちらも正しいということですか?


憲三郎先生

光秀だけ一緒に着いてきて、光秀軍は守備していたと考えるとつじつまが合う気がしますが、この矛盾を解ける他の史料は見つかっていません。


ガラシャ

奏者って、光秀に演奏ができたことにも驚きました。


憲三郎先生

奏者とは演奏者のことではありません。


ガラシャ

え?違うんですか?


憲三郎先生

奏者とは、主君に奏事伝達を行う役目のことをいいます。申次と呼ばれる事もあります。


ガラシャ

奏事とは訴訟手続の一つ・・・。吉田兼見は織田信長に何かを訴えにきたんですか?


憲三郎先生

光秀が奏者を務めたのなら吉田兼見が織田信長になにかを訴えにきたのだと思います。


ガラシャ

内容は何だったんですか?


憲三郎先生

史料ではわかりません。ですが、「事がうまく運んで満足した」とあるので、良い結果になったのだと思われます。


ガラシャ

良かったですね。京都では他にはどんなことをしたんですか?


憲三郎先生

そうですね、3月24日に武者小路に織田信長の屋敷を立て始めます。


ガラシャ

あれ・・・急に京都にお屋敷ですか?度々妙覚寺に泊まっていましたよね?


憲三郎先生

史料には「足利義昭が度々上洛するのに京都に屋敷が無いのは良くないと天皇に上奏し将軍の命令で作った」とあります。


ガラシャ

それはすごいですね。いつ頃できあがったんですか?


憲三郎先生

実はこの後足利義昭と織田信長の関係が悪くなり、このお屋敷は完成しませんでした。


ガラシャ

・・・なんと言うことでしょう。



ガラシャ

また取成しがでてきました、馳走の取り成しとはどういうことですか?


憲三郎先生

おもてなしの手配をしたということです。


ガラシャ

着々と側近への道を歩んでいそうですね。


憲三郎先生

そんな折りに謀反が起きます。


ガラシャ

謀反!?誰ですか?


憲三郎先生

三好義継と松永久秀です。


ガラシャ

仲間だった三好さんが・・・どうして松永久秀と一緒に?


憲三郎先生

触れていませんでしたね。三好勢の内部分裂の際に、まだ幼い三好義継の後ろ盾になったのが松永久秀です。


ガラシャ

なるほど、そういう関係だったんですね。


憲三郎先生

それに関わると言われている書状があります。


ガラシャ

はい。


憲三郎先生

4月4日に、織田軍から片岡弥太郎に加勢を要請する連署状が発行されています。署名の順番は柴田勝家、佐久間信盛、滝川一益、明智光秀。何か気づきますか?


ガラシャ

あれ?連署状の順番・・・。光秀一番後ろって、こないだの連署状は幕府奉公衆の人が一番後ろでした。


憲三郎先生

この連署状は、織田軍の武将だけの連署となっていますね。


ガラシャ

別働隊でしょうか?



ガラシャ

たくさんの人で出陣したんですね。


憲三郎先生

細川藤孝・三淵藤英・上野秀政は幕府奉公衆なので、この軍は連合軍だったはずです。


ガラシャ

となると・・・?あれ?


憲三郎先生

実は元亀3年4月4日付けだと思われてきたこの書状には、「年」の記載はありません。


ガラシャ

では、どうやって「○○年に発行された」とわかるんですか?


憲三郎先生

ほとんどの書状には年の記述が無いのです。歴史学者は内容と前後の歴史背景を研究して、おそらくここだろうといって発表します。これを年次比定と言います。


ガラシャ

年次を比べて定める、年次比定。なるほど。


憲三郎先生

もしかしたら、4月4日付けだと思われてきたこの書状は年次比定が間違っているかもしれません。


ガラシャ

違う年の可能性があるんですね?


憲三郎先生

もう少し史料解析が必要ですが、天正4年の4月にも河内に出陣しているので天正4年の可能性があります。


ガラシャ

こうして少しずつ真実に近づいていくんですね。・・・松永久秀と三好義継はどうなりました?


憲三郎先生

二万余の軍勢包囲していたものの、逃げられてしまいました。


ガラシャ

どこに逃げたのですか?


憲三郎先生

それぞれ居城に立てこもりました。三好義継は若江城(今の東大阪市)、松永久秀は信貴城(今の奈良県生駒郡平群町信貴山)、久秀の子である松永久通は多聞城(今の奈良県奈良市法蓮町)です。


ガラシャ

別々の所に・・・攻めるのは大変ですね。


憲三郎先生

居城ですから地の利は敵にありますね。


ガラシャ

この後はまた包囲戦ですか?


憲三郎先生

史料には膠着状態になってしまったのか、「5月11日、河内に出陣していた武将達は各々帰陣し上洛したようだ」とあります。


ガラシャ

一時撤退ということですね。


憲三郎先生

ちなみにこの戦の間織田信長は京都で政務をしていたようで、史料には5月14日に京都出発し、5月19日に岐阜城に帰城したことが記されています。


ガラシャ

なんだか落ち着かないですね。


憲三郎先生

この後は浅井攻めに出陣です。


ガラシャ

ずっと兵糧攻めしていた小谷城ですね。続きが気になります。

”光秀は粛々とお仕事をこなします。
松永謀反は膠着状態のまま次回は浅井攻め”

 
明智ガラシャ

About 明智ガラシャ